再建築不可物件はリフォームで資産価値を高めることができる

再建築不可物件はリフォームで資産価値を高めることができる

再建築不可物件とは簡単な話がその土地で再建築することが許可されていない物件のことになってきますから、そのような物件を購入しても新しく建て直しなどをすることができないです。
そのため物件自体に価値がないと購入したい人が現れないようなことも珍しくありませんが、リフォームをすることで効率的に価値を上げていくようなことができます。
新築に近いような状態であれば再建築不可物件でもある程度の価格で売却することができますが、築年数が古くなっていると当然ながら建物の価値が下がるだけでなく、再建築することができないことで価値がそもそもつかない可能性もあります。
リフォームをすることで古くなった住宅を効率的に新しくしていくことができますし、耐震性なども向上させることができますから再建築不可物件でも価値を上げていくことは難しくないです。
長期的に住むことができる状態にすれば、実際に購入したいという人も現れるかもしれません。

再建築不可物件はリフォームやリノベーションで家づくりが実現

家を取り壊してしまうと建築許可が下りないので建物をそのままにして住み続けるしかない、このようなデメリット要素を持つのが再建築不可物件です。
文字通り再建築ができない、建築許可を得ようとしても行政側がそれに応じてくれないので打つ手なしの状態になりがちです。
しかし、再建築不可物件は、建物の解体で新築住宅を建てることはできないのですが、家の土台や構造などをそのままにして新しい間取りを作るリノベーション工事は制限がないといいます。
ただし、注意をしなければならないことは建築確認申請が要らない範囲に抑えることです。
建築確認申請は、建て直し以外にも主要構造部分の工事が1/2を超えると必要になりますので、再建築不可物件でリノベーションを行うときには主要構造部分の工事を1/2以下に抑えることがポイントです。
なお、再建築不可物件におけるフルリフォームの相談は実績を多く持っているリフォーム業者を選ぶことで建築確認申請が不要な範囲内で相談に応じてくれるなどの安心に繋がります。

再建築不可物件に関する情報サイト
再建築不可物件を学ぼう

このサイトでは、初心者にもわかりやすく再建築不可物件の基本情報を解説しており不動産の豆知識として覚えておくことをおすすめしています。建築ができない不動産ですから、家がボロボロの場合には資産価値はゼロになるイメージを持つ人も多いといえます。しかし、リフォームやリノベーションなどについては制限はあるけれど資産価値を高める方法はあるなど安く購入できるので投資家などからの注目も集めています。また、このような物件は建築基準法を満たしていない土地などの特徴があることにも触れているので参考にされると良いでしょう。

Search