再建築不可物件は建築基準法を満たしていない土地

再建築不可物件は建築基準法を満たしていない土地

再建築不可物件とは、建築基準法を満たしていない土地であって、現に建っている建物自体は別に違法ではなくそこにそのまま住み続けることができますが、建て替えが認められていないものを指します。
条件は幅4m以上の道路に間口2m以上接していないことであり、他の土地に囲まれるような形で狭い路地の奥に位置している住宅などを思い浮かべてもらえば良いでしょう。
火災のときに消火活動に支障が生じますので、法律によりこのような定めとなっているわけです。
再建築不可物件は建て替えに制限を受けますが、そのまま住むことはもちろん、リフォームやリノベーションには問題ありません。
また前面道路の幅が4mに満たない場合、足りない分だけ自分の敷地を後退させて道路に提供することで基準をクリアできることもありますし、周囲の土地を併せて購入することで基準を満たせるようになることもあります。
もちろん、更地にして駐輪場にするとか菜園にするといったことは可能です。

訳あり事故物件買い取りなら実績ある再建築不可物件の専門会社

不動産会社に買い取りを断られた、売れないために何度も価格を下げ続けているとか訳あり物件をすぐに売りたいなどの悩みがあるなら実績ある再建築不可物件買い取り会社がおすすめです。
再建築不可物件買い取り会社では豊富な資金力と銀行からの信用や高い修復技術を武器に、日本全国の事故物件訳あり物件を高価買取しています。
取扱いの難しい事故物件や訳あり物件を自社買取している数少ない会社で高い専門性がありますので、他社で買取りを断られた場合でも、諦めずにお問い合わせ願います。
自殺物件や孤独死物件、殺人物件に事故死や火災や雨漏りやシロアリに近隣トラブルやゴミ屋敷などあらゆる訳あり物件を取り扱いしていて親身になってサポートします。
再建築不可物件の専門会社では不動産業歴20年以上のベテラン社員が複数在籍しており、豊富な知識と経験をもとに対応しているので信頼できます。
売買取引が完了して以降も、お困り事が生じた場合は何度でもご相談に乗ってくれるので安心です。

再建築不可物件に関する情報サイト
再建築不可物件を学ぼう

このサイトでは、初心者にもわかりやすく再建築不可物件の基本情報を解説しており不動産の豆知識として覚えておくことをおすすめしています。建築ができない不動産ですから、家がボロボロの場合には資産価値はゼロになるイメージを持つ人も多いといえます。しかし、リフォームやリノベーションなどについては制限はあるけれど資産価値を高める方法はあるなど安く購入できるので投資家などからの注目も集めています。また、このような物件は建築基準法を満たしていない土地などの特徴があることにも触れているので参考にされると良いでしょう。

Search